.

配信日 2003.08.20

.
.


-SUZUKI SPORT Racing
競技専用部品-

ラパンターボ用ハイフローインタークーラー
& FRP製インタークーラーダクト新発売

株式会社スズキスポーツでは、ラパンターボ用にハイフローインタークーラーおよび専用のFRP製インタークーラーダクトを設定し、8月25日より発売します。

スズキスポーツ ハイフローインタークーラーはターボ過給した吸入空気の圧力損失を防ぎ、密度の高い空気を効率的にインマニに導く、ハイフロータイプのインタークーラーです。エンジンの発生トルクを上昇させると同時に、高い耐久性と信頼性を確保できます。また、吸入抵抗の低減がもたらす低速、中速トルクによってアクセルレスポンスが向上。発進加速や、コーナーの立ち上がりでアドバンテージを確保できます。

またハイフローインタークーラーの性能を最大限引き出すためにはノーマルダクトでは容量 が不足するため、専用の大型インタークーラーダクトを開発しました。材質にはFRPを選択、できるだけ多くの冷却風をインタークーラーへ送り込むために設計されたデザインは、エンジンルーム内でも存在を主張します。







ハイフローインタークーラー
圧力損失は限りなくゼロに近づけつつも、チューブピッチとフィンピッチの最適化や高効率のインナーフィンの設置によって、走行風を効率的に熱交換します。熱交換率の高さを示す一例ですが、横置きのK6Aエンジンで7800rpm、過給圧1.3kg-100PSを発生する際に、140℃のターボアウト温度を80℃まで低下させる(ノーマルの場合92℃)能力があります。


品 名  ハイフローインタークーラー
品 番  221500-3540
価 格  \88,000
適合車両 ラパンターボ HE21S K6Aターボ

*本製品の装着にあたってはノーマルインタークーラーダクトの加工が必要になります。冷却効率を最大限発揮するためにも、スズキスポーツFRP製インタークーラーダクトの装着をお勧めします。


●左側:スズキスポーツ ハイフローインタークーラー
●右側:ノーマル インタークーラー

インタークーラーに求められる冷却性能と、低い圧力損失を高い次元で両立するため、可能な限り大きなコアと効率的なサイドタンク、そしてチューブを組み合わせました。
.

  チューブは、GT500など最高峰のレーシングターボエンジンに用いられるハイフローチューブを採用しました。チューブの入口をエアダクト状に広げることでエアをスムーズに導き、乱流による損失や温度上昇を防ぎます。
  .

アウターフィンをコア幅いっぱいに配置することで放熱面 積を最大限に増やし、少ない冷却風で必要な冷却性能を確保します。


インタークーラー仕様 ラパンターボ用
コア厚
前面寸法
コア面積
重量
チューブ数
チューブ厚
ピッチ
スズキスポーツ
70mm
170x121mm
206
930g
8
11.0mm
20mm
ノーマル
43mm
158x115mm
182
660g
11
4.5mm
12mm




インタークーラーダクト
ノーマルダクト加工では、面積が拡大されたハイフローインタークーラーの表面 を全てを覆う事ができないため、専用の大型ダクトを設定しました。 吸気側口径を拡大すると共に、出口
側もハイフローインタークーラーに適合するサイズとなり、ハイフローインタークーラーの性能を100%発揮することができます。


品 名  FRP製インタークーラーダクト
品 番  225500-3540
価 格  \18,000
適合車両 ラパンターボ HE21S K6Aターボ
     
ハイフローインタークーラー装着車



●左側:ノーマル
●右側:スズキスポーツ





本製品のお求めは...
大型カー用品店,タイヤショップ,チューニングショップ他、 SUZUKI SPORT Racingブランド取扱い店でお求めください。